お金あげます掲示板

お金あげます掲示板で「お金ください」「はいあげます」とはならないよね。
下卑た表現をするならば「お金あげる代わりに・・・わかってるだろうね、へっへっへ」となります。そりゃそうですよね。ボランティアじゃないんだから見返りは求めますよ。だいたい、女の子の方も何もなくてお金もらえるなんて思ってないでしょ。
そんなことを言うと「え?そうなの?」と素っ頓狂な返事をよこしてきたのが20歳の自称自営業の女の子だった。「実家の安心と安全を担ってます」って、それって単なるニートじゃねーか!
「〇澤社長みたいなお金配りたいおじさんっていっぱいいるんだなーと思って掲示板見てた」
いや、僕もなけなしのお金をはたいて遊んでくれる女の子を探しているんだ。それに〇澤さんくらいお金持っている人はたぶんこんなお金あげます掲示板には来ないから・・・。
「ふーむ。じゃあ何をしたらお金あげるん?」
知っていて僕をからかっているのか、それとも本当に世間知らずのお嬢様なのか。ただ、何だかこう聞かれると「やらせてくれたらいいんだよ!」とも言いにくく、とりあえず会って話してみない?と誘うところで留めてみた。誘い出せたらあとは何とかなるはずだ。
すると彼女は「そうだねー。今週は引っ越しとかあって忙しいから来週でもいい?」と焦らしてきた。待て待て。お金あげる方なのに何でもらう方の都合に合わせにゃならんのだ?何だかめんどくさそうだなと思ったが、かと言って他に相手もいないので来週まで待つことにした。
お金を支援してくれる人
翌週、僕の前に現れたのはブランド物に身を包んだ見るからにゴージャスな女性だった。
「土地転がしが上手くハマってタワマンに引っ越したんだよねー」
彼女曰く、彼女の実家はあと20か所くらい土地を持っていて不動産収入でかなり潤っているのだそうだ・・・って、金持ってんじゃん!なんでお金あげます掲示板なんかにいたんだ?
「うん、私もね、〇澤社長みたいにお金あげて誰かに喜んでもらいたいなーって思って」
もらう方じゃなくてあげる方かよ!だったら、婿養子として僕をもらってください。お願いします。
お金助けて掲示板
デブの主婦

投稿日:
カテゴリー: 金曜